読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows 10 Anniversary Update後にスタート画面で検索しようとしても、文字入力できない問題が解消できるかもしれない

Google日本語入力でも、Microsoft IMEでもうまく入力できず、困っていました。

下記設定見直しで、なんとかなりました。

※環境には個人差があり、必ずしも当てはまりません

Windowsの設定」を開く

f:id:botchju:20160811104433p:plain

「時刻と言語」を選択

f:id:botchju:20160811104551p:plain

「言語」の「日本語」を選択

f:id:botchju:20160811104701p:plain

「オプション」を押す

f:id:botchju:20160811104725p:plain

「ハードウェア キーボード レイアウト」が「英語キーボード」にされている。

Anniversary Updateで様々な設定が元に戻されるが、こんなところまで・・・

「レイアウトを変更する」を選択

f:id:botchju:20160811104903p:plain

プルダウンから「日本語キーボード」を選択

f:id:botchju:20160811105007p:plain

「サインアウト」を押す

再度サインインすると、スタート画面の検索で文字入力が問題なくできるはず。

日本語がうまく入らない場合は、Win+SpaceでMicrosoft IMEと切り替えたりしてると直ったりする。

ドイツのトリと600ユーロと私

この記事はドイツのトリ Advent Calendar 2015 22日目の記事です。

oboenikui氏のご指摘を受けて、600ユーロロスト事件とドイツのトリ発見の前後関係を修正しました。

600ユーロの思い出*1

ドイツのトリの話をする前に、忘れてはならない事件を振り返りましょう。

2014年3月10日、卒業旅行中だったあしゅりーさんは600ユーロをドイツで盗難の被害に遭いました。

ドイツのトリが生まれたのは、その5日前のことでした*2

私事で恐縮ですが、あしゅりーさん600ユーロロスト事件から6日後、私botchjuは卒業旅行中に、イタリアで600ユーロに近い所持金全額と全てのカードが入った財布を紛失したのでした*3

当時のツイートは黒歴史クリーナーで消えてしまいましたが、ツイートをEvernoteに保存するサービスのおかげでツイートをした*4一応の証拠は残っていました。

f:id:botchju:20151222223229p:plain

以上の経緯から、ドイツのトリというコンテンツに勝手な親近感を抱いていました。

そこで今回、Advent Calenderに一筆取らせていただくことにしました。

本題

ドイツのトリを使った作品(既出OK)を発表してください。クソコラとかでかまいません。(節度は大事)

とのことなので、既出の作品で失礼させてください。

ありがとうございました。

botchju

*1:以下日時は、日本時間に基づきます

*2:詳しくはこちら

*3:パスポートは首からかけるケースに入れてシャツの内側で持ち運んでいたので、紛失を免れました。よかった。

*4:アルファベットで書いているのは、私が唯一インターネットを使えたホテルのロビー設置PCから書いたからです

Windowsからnasneへの接続不具合でじたばたした話

nasne、AndroidPS Vitaへのデータ移動にすごく便利なのですが、WindowsVPNを設定したりアダプタの更新した後、接続できなくなることあります。

2回めっちゃじたばたしたことがあって、結局はそれぞれ次の方法で解決したので、備忘録として引用します。

[ネットワークと共有センター]の[アダプター設定の変更]の[ローカルエリア接続]のプロパティのTCP/IPv4のプロパティから[詳細設定]ボタンをクリックし、WINSタブの[NetBIOS 設定]が「無効」以外に設定されていること、と正にこれでした・・・*1

 

というわけで、インストールボタンから、「Microsoft ネットワーク用クライアント」をインストール。

network-client

これで、無事に詳細設定のプロバイダにも「Microsoft Windows ネットワーク」が表示されました。

provider2

そして、ファイル共有も正常に戻りましたとさ。*2

 エラーがちゃんと原因特定してくれたら直すの楽なのに、まだまだ人力が必要なんすね。探すのめちゃ苦労したし時間失われた。